カップル

「今の彼氏と別れたい・・・」彼と円満に別れるために守ってほしい10のルール

12114View

3Share

  • 3
  • Pocket
yukino

こんにちは、yukinoです!

実は最近、個人的なビッグニュースがありまして・・・。

なんと、私の身近な知人が、4年も付き合った彼と別れたのです!

「将来は結婚する」と本人たちも言っていましたし、とても仲が良い関係だったので別れるなんてことはないと思っていました。

どうして別れたのか尋ねると、「彼とは結婚したいと思うけれど、その前にもっと色んな男性と恋愛したいと思った。だから将来は結婚してもいいけど今は離れようって話をして別れた」ということでした。

でも、元々仲が良かったカップルだっただけに相手にゴネられて、なかなか別れられなかったのだとか・・・。

もしかしたら世の中には、この知人に限らず、別れたいのになかなか別れられないカップルが多いのかもしれません。

さて、そんなわけで今回は「別れ」を決めるときに考えて欲しいことを4つご紹介します。

いくら仲の良いカップルでも突然別れが訪れることがあります。

そこで今回、彼と別れを考える時や、別れるタイミング、綺麗に別れるための対策法などをまとめていきますね。

ぜひ参考にしてください!

そもそもみんなが別れを考える瞬間って?

破局

別れを考える時、ふと「みんなどんなときに別れようって思うんだろう…?」と気になることはありませんか?

今回はまず、みんながどんな理由で別れを選ぶのか、解明してみましょう!

1.他の男性が気になりだした

今の恋人にときめきを感じなくなって、代わりに職場や学校、その他の場面で気になる男性が出来た。

そうなると、その人と付き合いたいと思うでしょうし、中には「他の人を好きになったら彼氏に触られるのすら嫌だと思う」という人もいるようです。

2.彼とのマンネリが長く続いた

いまの彼とはもはや恋愛的な刺激が皆無、というパターン。

マンネリはどんな恋人たちにも必ずあるものですが、光の見えない長いトンネルをくぐっているような気持ちにすらなるのであれば、少し先を考えたほうがいいかも。

3.彼に結婚するつもりがないとわかった

自分は結婚したいと思っているのに、彼にそれとなく聞いてみても曖昧な態度。

しまいにしびれを切らして「私は●●歳までに結婚したい」と伝えたら「俺は一生結婚するつもりはない」宣言をされちゃった…ということもあるのだそう。

「●●歳になったら結婚したい」というならまだしも、自分が結婚したいのに、彼に一生独身宣言されちゃったらもう先はないですよね…

4.名前を間違えられた

ハグ

字面だけ見たら「そんなことで?」と思うかもしれませんが、これって結構重要な事なんです。

彼が間違って後輩の女の子の名前を呼んだり、女友達の名前を呼んだりしてみてください。

本当かどうかはわからなくても、そういう関係を疑ってしまいませんか?

人を疑う気持ちというのはやり場もなければ、心を蝕むものです。

彼のことを心から信じられなくなったら、その関係は長く続きそうにありません。

5.浮気された

信じるも何も、裏切られた実績があるパターン。

これはもやはなにも言えません。

私の周りで、彼氏の浮気を許すという決断をした女性がいましたが、結局最終的には別れてしまいました。

6.スキンシップに愛情を感じなくなった

彼に触れられても、彼と唇を重ねても、なにも感じなくなったということに気づいて別れを決めた人も。

最初はキスするだけで幸せを感じられたのに、いまや無味乾燥な接触でしかない・・・
レスよりはいいと思うかもしれませんが、やっぱり自分の心が追いつかなくなってしまうのだそうです。

「別れ」を選ぶ”べき”タイミング

別れたい

では、別れを選んで正解、というときってどんなときな のでしょう?

1.彼の体のパーツで嫌いなところができたとき

彼が触れようとしてきたら自然と避けてしまう・・・そんな経験ありませんか?

また、いままでは自分基準でそれなりにイケメンに見えていた彼氏の顔が、急に生理的に無理だと感じたこともある人も多いのではないでしょうか。

一度「無理」だと感じてしまったら、もう頭より体が拒否してしまいますし、その場合ほとんど修復は不可能です。

いさぎよく彼との縁は諦めましょう。

2.嫉妬に狂ってしまったとき

あなたか、もしくは彼が嫉妬に狂った時は別れを決めていいタイミングです。

あなた自身が嫉妬に狂った時に別れを決めるのは難しいかもしれませんが、彼が嫉妬に狂ってしまったと感じたらすぐに身を引くのをおすすめします。

これはある意味で生命の危険にも関わることなので、できるだけ早く彼の前から姿を消すことが肝要。

後述しますが、彼と別れるときは必ず「予感」を散りばめておきましょうね。

3.あなたが結婚したくて、彼に結婚する気がないとき

先ほどと重複するようですが、これも別れを決意していいタイミングです。

結婚したくないと思っている相手の心を変えるのは大変なことです。

もっとも恋愛感情が膨らむ付き合う前~付き合いたてのタイミングですらあなたとの結婚を考えていないような相手とは縁がなかったものと思うのが賢明な判断というもの。

人生の大切な時間を無駄遣いしてしまわぬよう、早めに身を引きましょう。

4.モラル観の違いにうんざりしたとき

基本的にモラルや常識、マナーというところは子どもの頃から培われてきた人間性ですので、付き合ってから彼を矯正することは非常に労力と時間のロスになる可能性が高いもの。

時間をかければ変えられるかもしれませんが、その頃にはあなたと彼の関係は「母親と息子」になってしまっていますよ!

5.彼に浮気をされたとき

浮気経験

自分のことを一番に愛してくれない相手と付き合うということがどれだけ人生のムダになるのか、そして心に傷を残すことなのか、過去に浮気されたことのある方が私に語ってくれたことがありました。

その場では許せても、心のどこかにずっと引っかかり続けるのだそう。

結局何かのケンカの拍子にすぐにそれが飛び出すし、彼は「許したって言ったじゃないか」と反論してくるしで終わりのないケンカに発展してしまう事が多いようです。

自分の人生の中に「自分を一番に愛してくれない男と付き合う余裕があるか」をよく考えてみてください。

6.お金を貸してくれと言われたとき

いくら女性の社会進出が社会に馴染んできたとはいえ、女性に、しかももっとも見栄を張るべき彼女に、簡単にお金を貸してくれと言える男性を信じてはいけません。

お金を貸してくれと言ってくる時点で、あなたはもはや「大切にしたい女性」ではなくなっているということに、いち早く気がつくべきでしょう。

「別れるべきかな…」と思ったら考えて欲しい4つのこと

さて、いよいよ別れを決めようとするときに一度は考えてみてほしい4つのことをご紹介していきます。

1.いま彼に使っている時間はもったいなくないか

時間とはお金で買えないもの。

いくらお金を積んでも、自分の過去を消すことと時間を買うことはできませんよね。

ここでいう時間とは、単純に彼とLINEをしたり、会ったりする時間のことではありません。

彼という存在があるかぎり、あなたは普通次の恋には進むことが出来ないのです。

彼と離れて新しい恋をする機会というのを持てない時間が長引くことに、なんの疑問も感じませんか?

一度しっかりそこを吟味してみることが重要です。

2.自分は「恋に盲目」になっていないか

盲目

初めて付き合ったときや、久しぶりに恋人ができたときは特によく考えるべきです。

周りの人は「あ~恋に恋してる状態ね」と思っていても、本人はだいたい気がついていないもの。

その「気がついていない状態」に自分が陥っていないかをよく確かめてみてください。

方法はいたって簡単、相談できる友達に素直に聞いてみることです。

彼との話をして「別れたほうがいいよ」「なんでそんな男と付き合ってるの?」と言われたことはありませんか?

そういうセリフを右から左へ受け流しているのであれば、それは「盲目状態」です。

きちんと「なぜその友人は別れを勧めるのか」を考えてみましょう。

3.いまの彼はあなたにどんな価値をもたらすのか

ダメ男と付き合っている人には必ず一度は考えていただきたいことです。

彼は、あなたに何を与えてくれますか?

彼と過ごす時間は、あなたに何をもたらしますか?

たくさんたくさん時間をかけて花を育てても、種をひとつも生まなければ次の花を育てることが出来ないのと同じです。

彼とともに過ごして手のひらに何も残らなくて、かつ彼と離れても何も欠けないのであれば、それはもはや恋人という関係を当てはめる必要のない相手です。

4.友人や知人などから見た「彼」の評価はどうか

2でもお伝えしたように、周りが「別れなよ」という男性と付き合っている女性はだいたい彼との関係に酔ってしまって自覚できていない場合がほとんど。

他人から、社会からみて「別れるべき男性」と付き合っていて、本当にいいのですか?

今一度周りの評価に耳を傾けて真剣にその人の話を聞いてみましょう。

迷った時にはこれから解決しておこう!

迷い

それでもやっぱり彼との関係性を続けるべきか迷ってしまう人は、これだけでも先に着手しておくことをおすすめします。

1.お金の問題を解決する

特に現在同棲、もしくは半同棲状態のカップルは、別れを決めるときここがネックになりやすいもの。

単純に家賃を半分ずつにしている場合、一人暮らしに戻れば月の家賃負担がまた増える、というだけでなく引っ越しにもお金がかかりますのでそこも引っかかるものです。

彼との関係性がいかに良くないと言っても、結局「お金がないから…」と考えることを放棄してしまうことが多いので・・・。

まずは選択肢を金銭的理由で狭めてしまわぬよう貯金することから始めましょう。

2.性干渉は避ける、体にも触らせない

スキンシップがあると、どうしてもそれがない生活というのを考えられなくなって別れを遠ざけてしまいます。

特に彼と体の相性がいいときは要注意。

自分の欲求は少し我慢してでも、絶対に流されてはいけません。

3.相手に「別れ」をほのめかしておく

先述したとおり、別れを告げることで相手を逆上させてしまい、最悪の場合怪我をしたりなんらかの被害にあったりすることがあります。

ですがそれは「突然」想定していなかった悲劇に見舞われた人の振る舞い。

少しずつ別れをほのめかして、相手に心の整理をさせてあげましょう。

そうすれば突然別れを告げるよりも逆上される可能性はぐんと下がります。

別れを告げる時守りたい最低限のお作法

告知

最後に、総仕上げとして別れを告げる時のお作法をご紹介します。

1.ふたりきりの場所では別れ話はしない

これは逆上して何か手を出された時のことを考えてのこと。

部屋や個室などでは絶対に別れ話はしないで下さい。

レストランや駅など人目があるところの方が、彼の理性も働きやすくなります。

自分の彼氏に限ってそんなことはない、とは絶対に思わないで下さい。

男性と女性が力勝負をしたら、よほどのことがないかぎり女性が負けることはわかりきっています。

自分を守るためにも、別れ話は外(とはいっても夜の公園でふたりきり、とかはダメですよ!)でするようにしてくださいね。

2.連絡は取り合わない

コミュニケーション

別れを告げる前後、あまり頻繁に連絡を取り合わないことをおすすめします。

告げる前は、別れをほのめかしておく必要があるので、必然的に連絡の頻度は少なくなるでしょうし、別れた後に連絡を取り合うとろくなことになりません。

実際私の知人でも、別れた後後悔はしていないけれどなんだか心の何処かが淋しくて連絡をしていたら、そのうち会うことになり、結局その夜は二人で…ということになったことがあるようです。

ここまで極端に発展することはないにしろ、お互い次を向くためにわかれたのですから、いつまでも過去の相手にかまっていては意味がありません。

3.復縁はしない

別れてすぐだと、相手のことをもう好きではないと思っていたとしてもなんだかんだ愛着があるもの。

それで心に穴が空いたように寒くなって、結局彼が言い出した復縁に頷いている…なんてことがあるかもしれません。

これも結局、別れを決意した意味がありません。

なぜ自分は別れを決めたのかをもう一度見なおして(このとき、また恋に盲目状態になる方もいるので要注意です!)しっかり前を向いて下さいね。

まとめ

いかがでしたか。

長く付き合えば付き合うほど、人間としての彼への情や愛着はどうしてもわくものです。

けれど、それは本当に一時の感情でしかありませんし、相手がたとえ【どんなひどい人であっても】そんな情を捨てることは難しいものなのです。

あなただけではありませんし、それは「愛情」とノットイコールの感情です。

きちんと別れを告げて、少し休んだら、新しい恋を探しに行きましょう♪

この記事が気に入ったら「イイね!」しよう!

美エージェントのお勧め記事をお届けします。

この記事のライター
yukino

モノカキとして普段はコラム、書評、求人原稿、小説などを執筆しております。日常でもてあましている様々なこと誰かに伝えられたらと思い言葉を紡いでいます。
明日もキレイになりませんか?

美・エージェントをフォローして
最新のキレイ情報をGETしよう!

  • いいね!してフォロー

  • 公式ツイッターをフォロー