プチトマトとバジル

【保存版】絶品トマトパスタレシピ!友達につい自慢したくなる人気の8選

25106View

0Share

  • 0
  • Pocket
かごめ

こんにちは!ご存じ食いしん坊ライターのかごめです。

今回はおいしくて人気のトマトパスタレシピを8つご紹介!

夏はトマトが美味しい季節ですよね!

トマトは大好きな野菜のひとつですが、中でもパスタは私の大好物。

でもトマト系のパスタといっても、なかなかバリエーションが浮かばないし、飽きちゃった・・・。

そんな方も多いかもしれませんね。

そこで今回のレシピは実際に私が作って、美味しさも超満足なレシピばかりをご紹介♪

冷製・温製・組み合わせの具や味のタイプのバリエーションで、同じトマト素材でも飽きさせません。

これならついつい友達にも自慢したくなること請け合い♪

では早速ご覧ください!

冷製パスタ編

冷製パスタはさっぱりしたものを食べたいと思った時にもオススメ♪

サラダ感覚で食べられるので、女性は好きな人多いはず。

これから暑くなる季節なので、今回は力をいれて3種類セレクトしました!

1.トマト・モッツァレラチーズ&アボカドのカプレーゼ風パスタ

トマト・モッツァレラチーズ&アボカドのカプレーゼ風パスタ

※かごめ作:トマト・モッツァレラ・アボカドの最強トリオ冷製パスタ!

かごめオススメ度:★★★
トマト好き度:★★★

完熟トマトとアボカド、モッツァレラチーズと、これぞまさしくTHE冷製パスタ!

さらにオリーブの薄切り、黒コショウがアクセントになっていい味!

ここにすりおろしにんにくやオリーブオイル、塩、レモン汁、みじん切りのバジルを合わせたものを具と麺にからめれば出来上がり♪

具だくさんかつ病みつきな旨さの冷製パスタです!

塩はほんの少ししか入りませんが、チーズやニンニクの旨味で問題ゼロ。

シンプルな味付けだからこそ素材の味が活きている感じですね!

◆作り方のポイント

  • 味付けをした具は冷蔵庫でよく冷やしておく
  • 味がよく絡む細めの麺を使用
  • トマトは面倒でも湯むきして!
  • 麺はゆでた後に冷水に取って締める!

参考レシピ出典:http://cookpad.com/

2.プチトマトとバジルの冷製パスタ

プチトマトとバジルの冷製パスタ

※かごめ作:バジルの風味にも負けない甘~いプチトマトの冷製パスタ

かごめオススメ度:★★★
トマト好き度:★★★

お弁当やサラダのアクセントと役立つプチトマトですが、脇役だけにするのは勿体ない!

甘~いプチトマトをわざわざ湯むきして食感をよくしているので、さらに美味しさがアップ↑

風味のよいバジルも、今度ばかりはプチトマトの引き立て役。

味付けはしょうゆやはちみつを隠し味で使っているんですが、これがまたプチトマトとよく合う!

調味料を絡めたトマトは食べる直前までキンキンに冷やして下さいね。

そうすれば美味しい冷製トマトパスタができますよ♪

◆作り方のポイント

  • 細めの麺を使用、茹でたら冷水で締める!
  • プチトマトは1個ずつ湯むきすること
  • 調味料と具はしっかり冷やし食べる直前に麺を和える

参考レシピ出典:http://www.abc-cooking.co.jp/

3.冷製トマトスープパスタ・ガスパチョ風

参考レシピ:http://cookpad.com/

かごめオススメ度:★★
トマト好き度:★★

ガスパチョとは、スペイン・ポルトガル料理の冷製スープのこと。

すりおろした野菜がたっぷりと入っていて飲むサラダとも言われているんですよ!

そんなガスパチョを、フレッシュトマトをふんだんに使用して作り、パスタソースにしちゃう贅沢なメニュー!

トマトの清涼感が思いきり味わえちゃいます♪

食欲のないときでもサラサラとイケちゃいますが、粉チーズを振りかけてコクを出すのもまた美味しい~!

ぜひお試しを!

◆作り方のポイント

  • 調味料とすり下ろしトマトを混ぜたら冷蔵庫でしっかり冷やす!
  • 麺はゆであがりに冷水でキュッと締める
  • 粉チーズと黒コショウはお好みで

温製パスタ編

やはり定番の温かいパスタが食べたいという人にピッタリ!

酸味は熱を加えることによってまろやかになります。

トマトの酸味がやや苦手な人のために作るには、温かいものを選びましょ♪。

同じトマト系パスタといっても、結構バリエーションがあるんですよ!

4.カニ缶&海老のトマトクリームパスタ

カニ缶&海老のクリームパスタ

※かごめ作:トマト・カニ・海老の旨味たっぷり!夕日色のクリームパスタ

かごめオススメ度:★★★
トマト好き度:★★

トマトには旨味成分がたっぷり!

同じく旨味成分がギュッと詰まったカニ、海老が入っているので、これは美味しいに決まっています!

真っ赤っ赤なソースに生クリームを混ぜると色がほんのり和らいでオレンジに。

トマトの酸味もまろやかになって、より美味しさがアップしています!

トマトもカニも缶詰でOK♪

友だちを自宅に招いたときに、気軽に作れるちょっとリッチなパスタですよ。

◆作り方のポイント

  • 海老はにんにく、オリーブオイル、白ワインでサッとソテーして皿に取っておく
  • 海老炒めた後のフライパンにそのままトマト缶を投入
  • トマトは形をつぶしてしっかりと加熱し、酸味を飛ばす
  • 生クリームは最後に投入
  • 海老やカニの塩気もあるので、塩コショウは少なめに調整すること!

参考レシピ出典:http://cookpad.com/

5.あさりのトマトソースパスタ(ボンゴレ・ロッソ)

参考レシピ:http://cookpad.com/

かごめオススメ度:★★
トマト好き度:★★

あさりもうまみタップリな食材ですよね♪

和風パスタにしてネギを散らすのもいいんですが、トマトもぜひ試してみて。

旨味+旨味でジューシー!

2つの旨味が合わさってこれはもうたまらない!

冷凍のアサリと缶詰トマトでも作れますが、ここはぜひ新鮮アサリとフレッシュトマトでいきたいところですよ!

◆作り方のポイント

  • 白ワインであさりを下ごしらえ、口が開いたらすぐに鍋から取り出す
  • あさりは最後の段階でソース、麺と一緒に絡める
  • トマトは強火にかけて、酸味を飛ばす

6.ベーコンとなすのピリ辛トマトパスタ

ベーコンとなすのピリ辛トマトパスタ

※かごめ作:情熱的なナスベーコンのピリ辛トマトパスタ!

かごめオススメ度:★★★
トマト好き度:★★★

トマトもなすも夏野菜の仲間。

相性がいいのは決まりきっていますよね。

今回はさらに鷹の爪(トウガラシ)を投入!

トマトはしっかりと加熱しているので、酸味が飛んで旨味がギュッと凝縮されています。

ベーコンの塩味と粉チーズのコクが加われば、もう言うことなし!

みんなでハフハフしながら食べちゃいましょう♪

◆作り方のポイント

  • トマトの缶詰でダイスタイプを選べば潰す手間が省ける
  • トマトソースを作るときには火を強めにして酸味を飛ばす
  • 麺は少し固めにゆでてからソースと絡めること
  • なすは多めの油で焼く
  • ベーコンからの塩味もあるので味見をしながら塩を調節して!

参考レシピ出典:http://cookpad.com/

7.フレッシュトマトとツナの和風パスタ

参考レシピ:http://cookpad.com/

かごめオススメ度:★★
トマト大好き度:★★

トマトでしかも和風のさっぱりしたパスタが食べたいよ~

こんな時にはコレ!

よく熟したトマトはそのまま食べても美味しい!

だけどそこを敢えて和風パスタにしちゃう贅沢レシピです。

ほんのり残ったトマトの酸味は、かえって和風のいいアクセントになってる♪

ツナ以外にはしめじやしいたけなどタップリのキノコを入れて、ちょっと具だくさんにするのもオススメ。

◆作り方のポイント

  • トマトは湯むきしないでもOK
  • 苦くなるのでにんにくは焦がさないように注意
  • 完熟した生のトマトを使おう!

8.ドライトマトのアンチョビオイルパスタ

ドライトマトのアンチョビオイルパスタ

※かごめ作:大人のドライトマトパスタ・アンチョビ風味

かごめオススメ度:★★
トマト好き度:★★

魚もしいたけも干すと旨味が倍増しますが、トマトだって同じ!

ドライトマトにも注目ですよ。

生とは違う旨味がギュッと詰まっています♪

ドライトマトとアンチョビの塩気&旨味が、疲れた体に染みわたる!

バケットを焼いて、パスタの具を一緒に食べるのもまた美味しいですよ♪

◆作り方のポイント

  • ドライトマトとアンチョビの塩気に注意!味見必須、塩の量は調整して
  • 麺はやや硬めでOK
  • ドライトマトはお湯で戻しておくと使いやすい!戻し汁もソースに混ぜて

参考レシピ出典:http://cookpad.com/

まとめ 

さあ、これだけあれば「トマトパスタ飽きた!」なんてことは言わせませんよ!

今回は生のトマトだけじゃなく、缶詰やドライトマトなど様々なトマトを使いました。

色んなトマトを様々な味付けでパスタに調理することで、トマトの美味しさも再発見!

友だちを自宅に呼んだときに数種類作って大皿に盛り、みんなでワイワイいいながら食べるのもいいのでは?

きっとみんなから「ナニコレ!すごく美味しい!すごいね!」言われるはず!

このレシピを参考にトマトパスタをたくさん作って、みんなに自慢しちゃいましょう♪

この記事が気に入ったら「イイね!」しよう!

美エージェントのお勧め記事をお届けします。

この記事のライター
かごめ

cover

スイーツからスパイシーなものまで、食べ物に関しては苦手分野はありません!おいしい+簡単なものが大好きで日夜研究を続けています。
明日もキレイになりませんか?

美・エージェントをフォローして
最新のキレイ情報をGETしよう!

  • いいね!してフォロー

  • 公式ツイッターをフォロー