リンパについて

【たった1分で美白に!】家や職場でも簡単にできる♪「美白リンパマッサージ」のやり方

6184View

9Share

  • 9
  • Pocket
ラン

色白美人になりたい憧れだけは人一倍のライター、ランです♪

でも、そんな私が、最近ちょっと「白くなった?」「綺麗になった?」なんて言われるようになっちゃいました!

「え~?何もしてないよ?」なんてみんなには言ってますが、実は内緒にしていた”美白ケアの秘策”があるんです♪

そこで今回は、思い切ってランが普段からやっている「美白リンパマッサージ」を伝授したいと思います!

  • 美白化粧品や道具は一切必要なし
  • しかもたった1分で効く上、家でも職場でも簡単にできる

というように、誰でも気軽に美白ケアができるんですよ!

色白美人になりたい人、今まで美白ケアをしてもなかなか効果が出なかった人は、必見です♪

美白ケアには顔リンパマッサージが必要!

リンパについて

美白ケアには顔リンパマッサージが必須って、知ってましたか?

美白ケアには、美白化粧品を使っていれば大丈夫・・・実はこれは大違い!

そもそも顔にシミができたりくすんだりするのは、紫外線や年齢だけでなく、リンパの流れに問題がある場合も多いんですよ~!

ですから、シミやくすみ対策、美白ケアの為に美容液を塗るだけでは不十分。

しっかりリンパの流れを整えることが大事なんですね!

ここでは今更聞けない、顔のリンパが美白ケアにとってどれだけ大切なことかを、詳しく知りましょうね♪

今さら聞けない!顔のリンパはここを流れてる!

リンパ

顔のリンパといえば目の周り?と思っている人も多いですよね。

もちろん目の周りにも流れていますが、実は顔中に張り巡らされているんですよ!

その中でも特に顔リンパの大きな流れは目の周り、頬、顎を流れていて、こめかみあたりから首筋へ流れていきます。

ですから、顔のリンパマッサージは目の周り、頬、顎ラインあたりを重点的に行うことがとっても大事なんですね~♪

そしてマッサージの最後に首筋へと流れた老廃物を流すのに、首筋に流すことが多いんですね!

顔のリンパが滞るとどんな問題があるの?

どんな問題

リンパの流れを良くすると良いのはわかっていても、そもそも顔のリンパが滞る何が悪いんでしょうか?

リンパはそもそも細胞が活動後に出した老廃物や細菌などが流れ込み、それを排出する為の経路なんですね。

ところどころにリンパ節と呼ばれるろ過装置があり、そこに引っかかった老廃物などがリンパの流れをせき止めているんです。

リンパの流れが悪くなると、細胞内の老廃物がどんどん溜まって、体内がまるでゴミ箱状態・・・!

不必要なメラニンや老廃物、酸化物質などが顔の肌に残ってしまって、シミなどの原因にもなってしまうんです。

これは怖いです~。

顔のリンパマッサージで美白効果が上がるのはどうして?

効果アップ

リンパはそもそも筋肉の動きで流れているんですね。

しかし、顔は意識しないとなかなか筋肉を動かすことが少なく、表情があまり豊かでない人の場合はリンパが流れにくい状態が続いてしまいます。

すると、顔のリンパに老廃物が溜まり、まずは顔の細胞内に老廃物がどんどん増えていきます。

さらに栄養も行きわたらず、細胞が不健康な状態に・・・。

実は、このような肌に外からいくら美白美容液を付けても、美白効果は発揮されないんです!

つまり、高い美白化粧品も無意味・・・。

ですから、顔のリンパをしっかり流してやり、老廃物が溜まっていない綺麗な肌にしてあげてから美白ケアをするのがベスト!

でなければ、美白化粧品を使う意味はないんですね。

日本人は特に、表情を顔に出さない人が多いので、マッサージでリンパの流れを良くして美白を目指しましょう!

早速美白リンパマッサージを解説

美白ケアに顔リンパマッサージが効果的であることがわかったところで、早速1日1分でできる顔リンパマッサージをご紹介しましょう。

実際著者は元シャネルのチーフビューティアナリストの方で、美意識の高い方。

このマッサージを行うことでいくつかのシミはすでに消えてしまったとのこと!

これは期待できますね~!

早速美白の為の顔リンパマッサージを2種類ご紹介しますね。

1:ストローク

ストローク

まずは赤ちゃんの肌をさするように、優しくさするだけのマッサージを6ステップ行います。

マッサージは肌を傷つけないよう、化粧水やクリームなどで指が滑りやすくなるようにしてから行うようにしましょうね。

画像付で詳しくご紹介しますので、早速やってみましょう!

ステップ1:首筋

首筋

耳の裏から鎖骨に向かって首に沿ってさすりましょう。

首の根元でフィニッシュです。

ステップ2:こめかみ

こめかみ

こめかみの上から下へ向かってさすった後、耳たぶを囲むようにして耳の後ろへカーブします。

この時抑えるよりは優しくゆっくり滑らすようにしましょうね。

ステップ3:額

額

額の真ん中から左右へ向かってそれぞれ真横にさすりましょう。

額の皮膚もとてもデリケートなので優しくゆっくり!

ステップ4:目の周り

目の周り

こめかみから眼孔のくぼみに沿って一周するようにさすり、こめかみに戻ってきたら顎のあたりまで下にさすります。

この時「下に」さするところを強くやりすぎると、顔が垂れてしまう原因になるので、優しく滑らすように行いましょう。

ステップ5:ほうれい線

ほうれい線

頬骨の少し下のあたりをぐりぐりと優しく円を描くようにほぐして、そのままこめかみにぐっと上がるようにさすりましょう。

この時少し笑顔を浮かべて行うと、頬骨がより強調されてマッサージをしやすくなりますよ!

ステップ6:フェイスライン

フェイスライン

左右片方ずつ、右手で左側、左手で右側をフェイスラインに沿って、顎から耳の後ろまでさすります。

この時、顔全体のコリがほぐれたな~と感じた人は、日ごろからリンパの流れが悪くなっている可能性があるので、きちんと1日1分行う習慣を身に付けましょうね♪

2:プッシング

プッシング

次に、リズミカルに触れるようにして優しくプッシュするマッサージを7ステップ行いましょう。

この時、ストロークの時にさすることで、滑りを良くする化粧水やクリームなどが薄くなって、滑りが悪くなっていると感じたら、少しだけクリームを足しましょう。

では、早速プッシングマッサージを始めましょう!

ステップ1:まゆ

眉

親指と人差し指を使って、眉をつまみ軽くもみほぐしましょう。

眉頭から眉毛の形に沿って行い、こめかみまで行います。

痛くないように優しくつまみましょうね。

ステップ2:額

額

使う指は、人差し指と中指と薬指です。

3指を額の中心から額の横ジワに沿って外側に向けてすべらせ、軽く押しながら動かします。

額の薄い皮膚の中を流れるリンパは、特に悪くなりがちなので、こうして挙げることで美白につながる健康な肌に近づけるんですね。

ステップ3:眉間

眉間

中指と薬指を使い、眉間のシワに沿って下から上に動かしながら軽く押します。

シワがない人もだいたい眉の付け根部分にある眉の始まり部分を意識してプッシングしていきましょう。

ステップ4:目の周り

目の周り

中指と薬指を使い、眼孔のくぼみに沿うように指を動かしながら、軽く押します。

目の周りの皮膚はとても薄くてデリケート。

強く押す必要はないので、軽くスムーズに動かしながら気持ち力を入れるくらいで良いですよ。

ステップ5:ほうれい線

ほうれい線

中指と薬指を使い、「口角→小鼻→口角」とほうれい線に沿って指を動かしながら、軽くプッシングします。

そして最後に口角から左右に向けて引っ張るようにこめかみまで押し上げます。

ステップ6:頬

頬

親指と人差し指のおなか部分の柔らかいところを使い、頬骨を挟むようにかゆくつまみながら押します。

この時、こめかみ方向に指を滑らせるように動かすと、頬の筋肉がほぐれてより、リンパの流れを良くできますよ!

ステップ7:フェイスライン

フェイスライン

最後に左右同時に親指と人差し指を使って行います。

両手の親指と人差し指でフェイスラインを挟み、顎から耳の下に向かって指を動かしながら軽く押していきます。

こうすると顔に溜まっていた老廃物が首筋のリンパ管を通って流れ、顔のハリツヤが変わり、色もすっと明るくなります。

まとめ

ステップはたくさんあるように見えますが、全てのステップが何回も繰り返すようなステップではないので、慣れてくると本当に1分で終わってしまいます。

この顔リンパマッサージは、自宅はもちろんですが、電車の中でも、会社の休憩室でも、どこでもできちゃうのがメリット!

夏にはクーラーの前、冬にはこたつの中でだってできちゃうんです。

どこでも1分マッサージするだけで、健康的な美白肌が手に入るのは嬉しいですよね。

道具も必要なくて簡単なので、早速今日から習慣にしちゃいましょう!

ちなみに今回はこちらの本を参考にさせていただきました。

この記事が気に入ったら「イイね!」しよう!

美エージェントのお勧め記事をお届けします。

この記事のライター
ラン

スイーツと美容ネタには目がない元ウエディングプランナーです。 趣味はインテリアのプチDIYとランチ&コスメショップ巡り♪モットーは毎日楽しくハッピーに♪
明日もキレイになりませんか?

美・エージェントをフォローして
最新のキレイ情報をGETしよう!

  • いいね!してフォロー

  • 公式ツイッターをフォロー