恋愛体質

「恋愛お休み中」のあなたへ伝えたい。そのブランクを「恋愛充電期間」に変えるための4つのアクション

8267View

12Share

  • 8
  • Pocket
yukino

こんにちは♪やりたいことに一極集中型のライターyukinoです。

そういう私はいつも恋も仕事も趣味も遊びも…なんて器用に回せなくて結局恋を一番後回しにしてきた気がします。

恋っていいな…と思うものの、今は自分のやりたいことが目の前にあったり、なんとなく億劫になっていたりで、なかなか「恋愛スイッチ」を押せずにいたのですよね。

でも、先々のことを考えて「このままずっと一人なのかな…?」「一生恋愛できないのかな…?」なんて不安になることもあります。

同じような経験をされた方も多いのではないでしょうか。

だからといって、ただ「恋愛お休み」の時間を積み上げていくなんて、人生もったいない!

どうせなら、いつか巡ってくる幸せなタイミングのために自分の魅力を磨いておきましょう♪

今回はそんな「恋愛お休み期間」を、「自分の魅力充電期間」に変えるための4つのアクションをご紹介します!

まずはみなさんが、どういう理由で「恋愛お休み中」を選んでいるのかを、詳しく見ていきましょう。

“恋愛お休み中”の人へ

「あの人、素敵なのになんで恋人作らないのかな?」と、傍から見ていて思う人がいます。

そういう人に話を聞いてみると、だいたいこんな風に答える人が多いんですよね。

恋をすることが不安

不安

恋をすると、相手の一言で気分が浮上したり沈んでしまったり、感情が忙しくなってしまいます。

でもできることなら、毎日穏やかな気持ちで、テストの点数に例えれば毎日75点くらいをキープしていたい。

ある日は0点で、ある日は100点、なんていうのでは、とても持たないなと思ってしまうんですよね。

とくにもともと気分の浮き沈みが激しい人や、生理前のPMSがひどい人などは、気分の浮き沈みがある自分が嫌になっているということもあるのではないでしょうか。

私もPMSがひどく、生理前は本当にひどく落ち込んでしまって自分の存在意義を考えだす始末ですから、感情の起伏はなく、いつもちょっとごきげんな感じで過ごしたいと願っています。

毎日75点でときどき100点、0点なんてのは半年に一回でいい、ってくらいがいいかなと思ってしまうものですよね。そううまくはいきませんが(笑)

自分が恋に没頭するタイプで他のことが手につかなくなる…ということがわかっているから、今は…という人もいるのではないでしょうか。

恋をして、その恋を中心に生活の軸が回るのが怖いというのがこのタイプに当てはまります。

過去の恋に影響されている人

過去の恋

過去にひどい恋愛を経験した人、もしくはまだ元カレに未練があったり、ああいうひどい別れ方をするくらいなら愛する人なんてつくらなきゃいいじゃないか、と思ってしまったりしている人がこれに該当します。

「恋の傷は恋で癒やす」とか、「時間が解決してくれる」とはいうものの、もうあんな悲しい思いはしたくない、と感じてしまってうまく前を直視できないんですよね。

特に心だけでなくプライドも一緒に傷つけられたり、浮気をされたり、という恋を経験している場合が多いような気がします。

他のことに夢中になりたい人

夢中

「今は趣味に生きたい!」「仕事が楽しすぎて他のことに神経使えない!」というのがこちらです。

恋をするにはある程度時間もお金も必要ですから、そういうことをしていられないんですよね。

「彼氏に会おうって言われても趣味優先しちゃう」という人も、結構私の回りにいます。

そして私もこのタイプだったんですよね。

だからよくわかります(笑)

とにかく満足するまでその趣味や仕事に没頭したいんだけど、そうしているうちに周りがどんどん…というのを想像してちょっと「そうなったら嫌だな…」と思っているところもあるのではないでしょうか。

“恋愛お休み中”だからこそできることって?

私が何より”恋愛お休み中”のメリットだと思っているのは、自分の時間が増えることです。

先述したとおり、人と付き合うって「お金」と「時間」をものすごく使うんですよね。

恋人といる時は自分だけが夢中になれることはやれないし、お金を使わないデートばかりもしていられないし。

無論結婚してしまえば「自分のためだけに生きる」なんてことはなかなか出来そうにありません。

なんだかんだいって「自分のために生きる」ということをちゃんとやれるのは、”恋愛お休み中”だけなのではないかと思います。

今はすぐに恋愛をする気になれないっていうのなら、いつかくる次の恋のチャンスに向けて、女性としての魅力を充電する期間にしちゃいましょ♪

新しい習い事をはじめる!

習い事

私の勝手な持論ですが、必ずみんな自分の心がもっともしっくりくる「好きなこと・夢中になれること」が世の中に一つはあるのだと思っています。

「私は何もやりたいことがない」「無趣味だ」という人は、ただその「夢中になれること」に巡り合っていないだけ。

だからまずは、それを探しましょう!

自分を無趣味だと思っている人、その心が本当にただの平坦な地面だと思いますか?

傾いた床に球を置いたら転がっていくように、純粋な気持ちで見つめなおしてみたらきっと心の赴く方向があるはずです。

まずはいくつか紹介しますから、なるべく先入観を持たないで見てみてくださいね!

日本の文化にふれる

和の習い事というのは結構たくさんあるものです。

茶道、華道、日本舞踊、書道、まずはこういうものがざっと思いつくでしょうか。

和服を身につける機会があるので、自然と着物の着付けもできるようになるでしょう。

最初から着物の着付けをならうのもいいですね。

そこで出会った人であれば似たような志向を持っていることが多いので、他に和のお稽古事でおすすめを教えてくれるかもしれません。

他にも三味線や端唄、民謡、詩吟、琴や太鼓、陶芸などを習ったり、盆栽や競技かるた、将棋や囲碁をやっているという人もいますね。

もしくは「武道」になると弓道や剣道、杖道、居合道、柔道、薙刀、空手、合気道、などもいいのではないでしょうか。

私は実際剣道、居合道、杖道、そして少し弓道もやっていましたが、礼儀作法は本当に身につきますし、姿勢も良くなりますのでおすすめですよ♪

がっつりスポーツをする

武道は先ほど紹介したので、他のものを。

バレーボール、フットサル、ランニング、ゴルフ、テニス、スカッシュ、バスケットボールなどが多いですね。

そんなにがっつりではなくって…というのであれば、ヨガやピラティス、フィットネスジムに通うのも手ですし、泳げるのであればなおさらいいですね。

ジムであれば最近は色んなエクササイズをやっていますからそこに投資して思い存分使い倒すというのもあり。

ただし続かなければ勿体無いので勢いだけでは決めないようにしてくださいね!

大人になってからバレエをはじめるという人もいますし、動物好きなら乗馬はいかがですか?

ダンスというだけでもよくあるヒップホップダンスだけでなくジャズダンス、フラメンコ、社交ダンス、もしくは地域によさこいなどのチームがあるのであればそれに参加するのもいいかもしれません。

次ページ勉強をする

勉強をする

勉強

案外盲点かもしれませんが、いい恋をするにはお金も必要。

そのためにはある程度のスキルアップも必要ですよね。

だからこそ教養・スキルを身につけて会社的な価値をアップ→昇給を目指すという良い循環を目指しましょ♪

勉強時間はスキマ時間を有効に使って!他の事とも並行してやれることなのでためらわずに踏み出してみましょう。

資格の取得を目指す

仕事に必要な資格がほしい!と思ったら迷わず勉強するのをおすすめします。

それだけでお給料が上がったり、手当が出たりするようならなおさらですね。

もちろん難易度にもよるでしょうが、できればあまり間髪あけずにどんどん資格取得を目指すのが「勉強する習慣をつける」という意味でもいいと思いますよ!

仕事で有利になる資格というのがこれといってない、という人にはTOEICの勉強がおすすめ。

私の職種はあまり決まった資格などがなくアイデア勝負なので、私はこっちをメインでやっています。

履歴書などにも書けますから、特に英語を使う仕事や、海外向けの案件に携わる仕事にキャリアチェンジしたいという思いなどがあるのであれば受けて損のない試験だと思います。

ニュースや世界情勢が理解できるよう社会科を勉強し直す

意外と重要だなと思ったのがこれ。私は学生時代社会科が苦手で、理系だったので地理以外は本当に毛嫌いしていました。

ニュースで国内外の地名が出てきたとしたら、そこの場所はわかるけれどそこで何が起きているのか、その事が起きる社会的な背景、自分への影響などについては何もわかっていませんでした。

ですから人と話をしていてそういう話が出たとしても、自分の意見を言うどころか「それってどういうこと?」と聞いてばかりいました。

最近は学び直しの風潮も高まって、色々本が出ているので、自分のレベルを恥ずかしく思わず、素直に自分が一番わかりやすいと思うものを選んで下さい。

できれば電車の中で読めるサイズ・重さのものがいいですよ!

そして、消える多色ボールペンなどでしっかりわかるところ、わからないところを色分けして線を引きながら読むのが、私が思う効率のいい方法です。

セミナーや勉強会に参加する

こちらは主にセミナーへ出たり、勉強会に行ってみたり、またはスクールに通ってみたりというのが主です。

職種によって多寡はあるでしょうが、会社の先輩や、同じ職種・業界で働く人に話を聞いてみるのがいいでしょう。

新しいコネクションができるきっかけにもなりますよ!

オンナ度をあげる

魅力

あまりにも男性と関わっていない、もしくは新しい人に出会っていないと、いざというときにしくじってしまうこともあります。

それに適度に男性との関わりがあったほうが、恋愛感情を抜きにしても女性らしさを保つことができる気がしませんか?

フリーの特権をどんどん活用して、いまのうちに出会いの窓口を広げておきましょう。

多くの男性と会ってみる

誰かと付き合っていたら、男性と遊んでみただけでもケンカになったり責められたりすることもあります。

でもそういう煩わしさがないのがフリーの特権。

今のうちに男性慣れしておきましょう!

フットワークが重いということを自覚しているのであれば、今日だけは後先を考えないで動くと決めて下さい。

きっと「行って楽しくなかったらお金と時間の無駄だな…」とか、「相手が変な人だったら嫌だな…」とか、そういうことを考えすぎるからフットワークが重くなっちゃうんです。

そういうのは今日だけはやめて、人との出会いで磨かれていきましょう♪

自分の振る舞いを見直す

意外と付かないのがコレ。

  • 喋り方はどうですか?
  • 歩き方は?
  • デスクに向かう時の姿勢は?
  • いつも笑顔を心がけていますか?
  • 人に対して知らずに無礼なことをしていませんか?

フリー期間で利点にも弱点にもなるのが、周りの目を気にしなくなるということですよね。

「なんで恋人作らないの?」と聞かれて口癖のように「良い人がいないからさ~」と会社で堂々と言っていませんか?

言ってしまっているなら周りの男性に失礼なことをしているという意識がかけているようです。

こういう風に、少しずつ周りとの関わり方も点検してみてください。

ヘアスタイル・ファッション路線の変更

職場など出会いのない場所だと思っていても、ファッション路線を変えるだけで新しい一面を見せられるチャンスになるんです。

今までファッションの雰囲気でなんとなく離れていた人の視線を捉え直すいい機会だと思って色々チャレンジしてみてください。

後述しますが、私は出かけ先や目的で服のテイストを綺麗に使い分けられる人はすごいと思うし、素敵な贅沢だなと思うんです。

恋をしているときは「今日デートだから」と可愛いスカートを選んでいたかもしれませんが、恋愛お休み中はそういうのがないんだから、自分で目的を作らないといけないんです。

「今日は早めに仕事を終わらせてセミナーに行くから少しかっちりめの服装で」「今日は女友だちとご飯だから周りの子のテイストにあわせて」と、変えていく中でも自分らしさをきちんと出せるようになればさらに素敵に見えると思います♪

料理の腕を磨く

「手作りの料理を好きな男性にためらいなく振る舞えるか?」と聞かれたら、答えに詰まってしまう女性も多いのではないでしょうか。

一人のうちはもうコンビニで済ませてしまえ、となるかもしれませんが、将来的にはそうもいかなくなってきますよね。

それに、自分で作って納得したものを口にしないというのは、自分の体に対する失礼になると思いませんか?

最初は誰だって不慣れなものです。

簡単なものからチャレンジしてみてください。

もちろん時間がなければ週に一回でもOKです。

私も毎日自炊をする余裕はありません。

でも「ちゃんと和食を作る!」と決めた時、洗える着物を着て台所に立ちます。

襷をかけて前掛けをすると気持ちが引き締まるんです。

可愛いエプロンを買ってみたり、献立を立ててみたりすると、やる気になれますよ♪

そうやってモチベーションの維持の仕方も考えて見ると楽しいはずです。

自分だけの贅沢を堪能する

贅沢

最後はこれ。

私が一番重要だと思っていることです。

誰かのためではなく、自分のためだけに生きられる、過ごせる時間だからこそ、自分を大切にしてあげましょう♪

自分のベスト状態を知る

部屋にどういう音楽を流せばいいのか、どれくらいの温度・湿度だといいのか、落ち着ける香りのするアロマはどれなのか、そういうことをあなたは知っていますか?

自分なりのセオリーがある人のほうが、様々な局面に置いて強いなと私は個人的に思います。

私は自宅で仕事をする時、日本語の歌は聞きません。

ほとんどボーカル無しのピアノジャズか二胡を聞きます。

あとイヤホンではなくスピーカーから流します。

イヤホンだと脳みそに直接流し込まれる気がしてうまく集中できません。

またカフェではどうしても仕事が進まないので、必ず家でやります。

臭いで酔うことがあるので部屋に香るものは置きません。

こんなふうに自分がベストコンディションでいられる環境を、少しずつでいいから見つけていってみてください。

自分で自分をあやすことのできる人ほど、プレッシャーや重圧に強いものはありません。

芝居や芸術、文学にふれる

私は芝居を見るのが好きなので、よく劇場へ行きます。

最初に芝居を見たのは高校生の頃だったかと思います。

初めて見たミュージカルで、非日常体験をして、味をしめたといいますか。

私のように芝居でもなんでも構いませんが、あなたが「非日常体験できる」と思うことは少し無理をして時間とお金を作ってでもコンスタントに実行してもらいたいと思います。

非日常体験を味わうということは、普段自分の心が味わわない感情を味わえるということです。

心に対する最大の栄養は、そういう新鮮な感情なのではないでしょうか。

一人旅にでかける

定番といえば定番ですが、私はこれがとても重要だと思います。

誰かと行けば自分の好きな店には好きなだけいられないし、無計画で飛び出すのはなんとなく失礼な感じがする。

写真を思い存分撮りたくても待たせては悪いし、食事のペースも合わせなくてはならない…。

そういうことを一切気にしないでいいのが一人旅なのです。

なんでも自分の自由になる。

そういうのが自分にとっての贅沢であり、ご褒美になるのではないでしょうか。

そうして好きなものを好きなだけ吸収したら、日常生活も頑張るぞ、と自然と思えるはずです。

まとめ

いかがでしたか。

なるべく琴線にふれるものがひとつでもあるように、たくさんのことを項目として列挙しました。

なにか心に引っかかるものがあったでしょうか。

新しく何かにチャレンジするときはお金もかかるし、不慣れなので一時的に心的負荷がかかるかもしれません。

でも、自分の人生で本当にしっくりくるものを見つけられた時、そういうのが小さな試練だったと思えるくらい大きな見返りがあるのです。

そういうものを見つける意味でも、自分の自由な時間≒”恋愛お休み期間”を、充実した充電期間にしてください。

自分の心という畑を十分に耕して、そこにちょっとした努力や刺激を与えて、立派な花を咲かせてくださいね♪

この記事が気に入ったら「イイね!」しよう!

美エージェントのお勧め記事をお届けします。

この記事のライター
yukino

モノカキとして普段はコラム、書評、求人原稿、小説などを執筆しております。日常でもてあましている様々なこと誰かに伝えられたらと思い言葉を紡いでいます。
明日もキレイになりませんか?

美・エージェントをフォローして
最新のキレイ情報をGETしよう!

  • いいね!してフォロー

  • 公式ツイッターをフォロー