アイスクリーム添え

【簡単&失敗なし&美味しい】人気のポップオーバーレシピ6選!

19055View

41Share

  • 27
  • Pocket
かごめ

ダイエットと言いつつ、つい美味しい食べ物の誘惑に負けちゃうライターのかごめです。

今回はアメリカ発祥、日本でも昨年から大人気のポップオーバーの作り方と美味しいアレンジレシピ6選をご紹介!

ポップオーバーの人気の秘密は、まるでシュー生地のように外側はフワッと、そして中はしっとりとした独特の食感。

これを家庭で再現するのって、初心者にはちょっと難しそうに思いますよね?

でも大丈夫!

なぜなら、この記事では失敗なしの簡単ポップオーバーの作り方を基本に進めていくからです!

実は、ポップオーバーは意外と特別な型や道具も必要なし&材料も少なく、すぐ作れちゃうのも魅力なんですよ!

さらにポップオーバーをさらに美味しく食べられるアレンジレシピも必見♪

みなさんも読み進めていくごとに、早く作って食べてみたくてうずうずしちゃうかも?

では、さっそくご覧ください!

これで失敗なし!ポップオーバーの簡単な作り方とコツ!

ポップオーバーを作ろうとしたときに、多くの人が膨らまないと挫折してしまうようです。

その悩みを解決するべく、作り方のポイントをまとめてみました。

基本の簡単ポップオーバーの作り方

ポップオーバー完成

卵1個に対し粉50g、牛乳100mlで計算すればとても簡単!

強力粉が多くなればモチモチ、薄力粉が多くなればサクサクの食感になります。

あとはお好みでバターやオリーブオイルを加えて下さいね。

【基本のポップオーバーの作り方】

≪材料(マフィン型約6個分)≫

  • 強力粉 50g
  • 薄力粉 50g
  • 牛乳 200ml
  • 卵 2個
  • 塩 ひとつまみ
  • 溶かしバター 10g(オリーブオイルでもOK!)

≪作る前の準備≫

  • 卵と牛乳を常温に戻しておく
  • 型を準備(100円ショップに売っているマフィン型でOK!)

≪作り方≫

  1. 粉・塩を一緒にしてふるいにかける
  2. 卵を割りほぐして牛乳、溶かしバターと混ぜる
  3. 粉と混ぜる(多少ダマがあってもOK!)
  4. 生地を寝かせる(15分~30分)※ここでオーブンを220度に予熱
  5. マフィン型の半分から少し多めに生地を注ぐ
  6. 220度に予熱したオーブンで15分、180度に下げて15分焼く
  7. 10分ほどオーブンの中で放置(この課程で水分を飛ばす)したら完成!

≪作り方のコツ5ヶ条≫

  1. 生地を混ぜすぎないこと
  2. 焼く前の生地は寝かせること
  3. 最初は高温で一気に、膨らんだら温度を下げて焼くこと
  4. 焼いている途中は絶対にオーブンを開けないこと
  5. 焼きあがってもすぐにオーブンを開けず15分程度放置して水分を飛ばすこと

※参考レシピ:www.bob-an.com/

さあ、これだけ押さえればもうバッチリです!

超美味しくてオススメ!ポップオーバーのアレンジレシピ6選

ポップオーバー自体はとてもシンプルな味なので、食事系からスイーツまでなんでも合わせられます。

いくつか紹介するので、自分なりの食べ方を見つけて無限にポップオーバーを楽しみましょう!

1.ラタトゥイユサンド

ラタトゥイユ

※お食事ラタトゥイユポップオーバー!(かごめ作)

オススメ度:★★★
手軽度:

ラタトゥイユは冷たく冷やして食べても美味しいですよね~

たくさん作っておいて、たまにはポップオーバーのお供にするのはいかが?

野菜はその時新鮮なものを入れちゃいましょう♪

【ラタトゥイユサンドのレシピ】

  • なす 2本
  • ピーマン・赤・黄パプリカ 各1個
  • 玉ねぎ 半個
  • にんにく 1片
  • カットトマト缶 1缶
  • 固形コンソメ 1個
  • ローリエ 1枚
  • オリーブオイル 適量

≪作り方≫

  1. ニンニクを焦がさないようにオリーブオイルで炒め、カットした野菜を加える
  2. カットトマト、固形コンソメ、ローリエを加えてフタをし中火で煮込む
  3. 汁気が出てきたらフタをとり、途中混ぜながら煮汁が少なくなるまで煮る
  4. 上下二つにカットしたポップオーバーにサンドする!

2.アボカドサンド

アボカドサンド

※朝食にピッタリ♪アボカドと生ハムポップオーバー(かごめ作)

オススメ度:★★★
お手軽度:★★★

切って挟むだけのお手軽レシピ。

生ハムの塩気でアボカドもそのままイケちゃう♪

朝食にもよし、遅めのブランチでもいいかも!

モチモチポップオーバーによく合いますよ。

【アボカドサンドのレシピ】

  • アボカド 適量
  • 生ハム 適量
  • レタス 適量

※挟みやすい量を用意して下さいね♪

≪作り方≫

  1. アボカドをスライスする
  2. 上下2つにカットしたポップオーバーにレタス・アボカド・生ハムをサンドする!

3.マッシュポテトサンド

マッシュポテトサンド

※ほっくりマッシュポテト詰めポップオーバー(かごめ作)

オススメ度:★★★
お手軽度:★★

牛乳をタップリ入れたクリーミーマッシュポテトを詰めるんだから、美味しくない訳が無い!

パセリとチリパウダーをかけると味にアクセントができてより美味しい。

こちらも朝食、ブランチにするのもいいかも!

温かいスープと一緒に食べるのも良さそうですね♪

【マッシュポテトサンドのレシピ】

  • ジャガイモ 3個~4個
  • 牛乳 200ml
  • バター 20g
  • 塩 少々
  • チリパウダー 少々
  • 粉パセリ 少々

≪作り方≫

  1. ジャガイモの皮を剥いてカット、柔らかくなるまで鍋でゆでる
  2. 水を切ってボウルに移し、熱いうちに潰す
  3. 熱いうちに塩、バター・牛乳を入れて混ぜる
  4. カットしたポップオーバーにサンドする!

※お好みでチリパウダーと粉パセリを振りかけて!

4.お好みフルーツ乗せ

フルーツサンド

※甘~いホイップクリーム入り!ポップオーバーお好みフルーツ乗せ(かごめ作)

オススメ度:★★★
お手軽度:★★★

シンプルなポップオーバーだから、こんなスイーツだっていけちゃう♪

生クリームと好きなフルーツを乗せていくだけだから簡単!

ポップオーバーの風味にフルーツと生クリームが合うんです♪

【お好みフルーツ乗せのレシピ】

  • パイナップル 適量
  • ブルーベリー 適量
  • キウイ 適量
  • 生クリーム 適量
  • 砂糖 適量

※好きなフルーツなら何でもOK!

≪作り方≫

  1. 生クリームに砂糖を加えて泡立てる
  2. フルーツをカットする
  3. 上下二つにカットしたポップオーバーに生クリーム・フルーツを乗せる!

5.ポップオーバーアイスクリーム添え

アイスクリーム添え

※お好みアイスを詰めたポップオーバー!(かごめ作)

オススメ度:★★★
お手軽度:★★★

サクサク、もちっと焼いたポップオーバーに、好きなアイスをプラスしちゃいましょう!

1種類だけではなく、何種類も添えて。

チョコ、バニラ、ミント…

何でも合うので、気分によって変えてみて下さいね♪

【アイスクリーム添えのレシピ】

  • 好きなアイス(チョコ、バニラなど)お好きなだけ
  • 飾り用のブルーベリー(お好みで)適量

≪作り方≫

  1. きれいに空洞ができたポップオーバーをカットする
  2. ポップオーバーの空洞に好きなアイスを詰める!

※ちぎったポップオーバーにアイスをつけて食べるのもOK!

6.アンコと生クリーム添え

あんこ添え

※和風ポップオーバースイーツ!アンコと生クリーム添え(かごめ作)

オススメ度:★★★
お手軽度:★★★

洋風デザートがイケるならアンコもイケるでしょ!

アンコといえば生クリームも相性がいいので、一緒に合わせてみました。

溶かしバターを多めに入れて外側がサクッとなったポップオーバーに合いますね。

これはアンコ好きにはたまらない一品です!

【アンコと生クリーム添えのレシピ】

  • アンコ 適量
  • 生クリーム 適量
  • 飾り用のさくらんぼ 適量

≪作り方≫

  1. ポップオーバーを2つにカット
  2. 生クリーム・アンコ・チェリーを上に乗せる!

※アンコは缶詰を使うととても簡単♪

簡単ポップオーバーのまとめ

今回は簡単にできるポップオーバーのレシピと6種類のアレンジを紹介しました。

アレンジと言っても、切って中にサンドしたり乗せるだけの本当に簡単なものばかり。

もちろん自分が好きなものだったら何でもOKなので、食べ方は無限です。

ポップオーバー自体の味がシンプルなので、甘いものにもバッチリ合うのも魅力的♪

日本では手軽に食べられるお店が少ないけど、実はとても簡単に作れるポップオーバー。

これから私も休日の朝に焼いて、焼きたてホカホカを楽しみたいと思います♪

みなさんもぜひ一度チャレンジして、この美味しさを味わってみて下さいね!

この記事が気に入ったら「イイね!」しよう!

美エージェントのお勧め記事をお届けします。

この記事のライター
かごめ

cover

スイーツからスパイシーなものまで、食べ物に関しては苦手分野はありません!おいしい+簡単なものが大好きで日夜研究を続けています。
明日もキレイになりませんか?

美・エージェントをフォローして
最新のキレイ情報をGETしよう!

  • いいね!してフォロー

  • 公式ツイッターをフォロー