そばかすレーザーアイキャッチ

そばかすのレーザー治療で大失敗!避けたい人の為の病院選び&注意点

6012View

7Share

  • 6
  • Pocket
美・エージェント 編集部

こんにちは。編集部です。

雀の卵の模様のようなシミであることから、雀卵斑とも呼ばれるそばかす。

他人からチャームポイントだと言われても、そばかすを消したいと願う女性は多いでしょう。

セルフケアもいろいろ試したけど、期待したほど結果が出ない・・・

そうなると、やはり最終手段は美容皮膚科でのレーザー治療ということになります。

レーザー治療でそばかすを消す!

いったん決意したら、もうそれ以外の治療方法は考えられなくなりますよね。

しかし、保険適用外の高額な治療費と広範囲に照射するリスクを覚悟で臨むのですから、失敗は許されません。

そこで今回は、「レーザーによるそばかす治療」を徹底ツイキュウ。

納得できる結果を得るために必要な知識と、病院選びのコツを解説します。

レーザー治療に種類はあるの?

メラニン色素の生成を抑えてそばかすを薄くしていく美白化粧品に対し、メラニン色素を破壊するのがレーザー治療。

すでにできてしまっているそばかすをレーザーで消すため、即効性と高い効果が期待できるのです。

レーザー治療と言ってもその種類は多岐にわたりますが、そばかす治療で使われるのはその一部になります。

そばかす治療に使われるレーザーの種類

そばかす治療で使われるレーザー治療は、主に次の3種類です。

なお、光治療はエステサロンでも施術でき、医療機関専用のレーザー治療とは別物ですが、この記事では便宜上「レーザー治療・光治療」を総称して「レーザー治療」と表記します。

Qスイッチレーザー
ナノ秒単位の短いパルス幅(※)でレーザーを照射してメラニン色素を破壊する治療です。効果が高いかわりに、ダウンタイム(腫れや赤みで日常生活に支障をきたす期間)が1週間程度あります。
レーザーフェイシャル(ロングパルスアレキサンドライトレーザー)
ミリ秒単位の長いパルス幅でレーザーを照射してメラニン色素を吸収し、色素沈着を改善する方法です。ダウンタイムはほとんどありません。
光治療
幅広い波長の光線でメラニン色素を含む表皮を熱変性させ、色素沈着を改善する美肌治療です。ダウンタイムはほとんどありません。IPL、フォトフェイシャル、フォトRFなどさまざまな光治療器があり、得意分野や施術料金にも幅があります。

※パルス幅とは、簡単に言うとレーザーを照射する時間のことです。ミリ秒単位でも「ロングパルス」となります。

【参考】 各レーザー治療のダウンタイム、治療期間、治療費の目安などの詳細は下記をご覧ください。

本気の人へ。そばかすを確実に消す方法を徹底解説!治療法から再発予防まで完全網羅

症状別のレーザー治療の選び方は?

幼少期から思春期にかけて生じるそばかすは遺伝的要素が強く、Qスイッチレーザーによる治療が最も効果的です。

一方、大人になってから生じる広範囲に薄く広がるシミ状の斑点は「後天性そばかす」とも呼ばれ、老人性色素班のシミ治療に準じた処置が行われます。

後天性のそばかすが表皮近くに留まっている場合は、レーザーフェイシャルや光治療でも高い効果が期待できます。

とは言え、上記の使い分けはあくまでも一般論で、実際の治療では複数のレーザー治療器を使うことは珍しくありません。

また、レーザー治療だけでなく、肌を漂白する作用のあるハイドロキノンなどの外用薬を併用したり、美白効果のあるビタミンC誘導体のイオン導入を行なったりすることもあります。

Qスイッチレーザーが最後の手段でもいい!?

できればダウンタイムを避けたいのでまずはレーザーフェイシャルか光治療を試し、それでもダメならQスイッチレーザーを・・・と考える人もいるかもしれません。

しかし治療費の面での負担だけでなく、その順序での治療ではQスイッチレーザーで期待したほどの結果が得られないことが多いという医師の声もあります。

Qスイッチレーザーを最後の手段にする覚悟があるなら、最初からそちらを選ぶほうがよいでしょう。

レーザー治療の注意点

レーザー治療で失敗しないための注意点は、次に2点に尽きると言えます。

紫外線対策を怠らないこと

レーザー照射後は肌のバリア機能が落ちるため、非常に紫外線に弱い状態になります。

そばかすのできやすい色白の人はもともと色素沈着しやすい体質ですが、さらにシミができやすくなるということ。

UVケアを怠ると、そばかすが消えてもそれ以上にひどいシミができてしまう可能性があるのです。

そのため、紫外線が弱くなる秋~冬の間に治療を受けるのが基本。

仕事や育児で外出している時間が長く、日焼け止めを塗り直すのもままならない生活スタイルの人は再度よく考えましょう。

なお、バリア機能が落ちている肌をゴシゴシこすると炎症後色素沈着が起きることもあるので、日々のスキンケアでも肌に刺激を与えないように気を付けてください。

信頼できる病院を選ぶこと

「レーザー治療は機械を使うものなので、誰がやっても同じ」と思っていませんか?

しかし実際は、出力の設定や照射範囲、照射する光の組み合わせなど、医師の判断によるところが非常に大きい治療です。

出力が弱すぎると効果がなく、出力が強すぎるとやけどのような炎症後色素沈着を起こしてしまうリスクもあります。

よって、とにかく技術力が高いことが第一。

そして安心して治療を受けるためには、患者が「この病院に任せよう!」と思える環境が整っていることも重要です。

信頼できる病院の選び方、5つのポイント

5つのポイント

信頼できる病院とは、「技術力があって、気持ちよく通い続けられる病院」と言い換えることもできます。

いくら技術力があっても、医師やスタッフとの相性が悪いと行くのが嫌になってしまいますよね。

そんなとき、「お金がもったいないから」と、最後まで通い続けられる人は意外と少ないものです。

逆に、いくら人間味のある親切な病院であっても、技術力がなければ話になりません。

病院を選ぶにあたっては、次の5つのポイントに着目してみてください。

1.スタッフの対応が良いこと

治療に通うにあたっては、医師だけでなく看護師やスタッフとの相性も重要です。

スタッフに苦手意識を持っていると、予約変更の電話1本入れるのも億劫になってしまいます。

ホームページのメール相談や無料の電話相談やカウンセリングを活用し、返信の早さや説明の丁寧さを判断しましょう。

ごく簡単な質問に対しても具体的な回答は一切せず、「まずは来院を」としか答えてくれない病院もあります。

2.初診時の医師の対応が良いこと

本当に治療を受けるかどうか、最終的に判断するのは初診が終わってからです。

「さてどうしますか?」と改めて聞いてくれるとは限りませんが、まだ引き返せる段階。

なんとなく流れで契約してしまわず、最低限、以下の2点についてはしっかり評価しましょう。

お金の説明に疑問がないこと

治療費の詳細がわかるのは初診を終えて治療方針を決めてからになりますが、

  • 総額でいくらかかりそうなのか
  • さらに追加料金が発生するとしたら、それはどのような場合でいくらくらいなのか
  • 現段階で明言できない部分があるとすれば、それはどこで、明言できない理由は何なのか

この3つに明確に答えてくれる病院だと、安心して通うことができますね。

また、相場より高すぎるのは問題ですが、耳障りのいい言葉に飛びつかないことも大切です。

例えば、「返金保証」は魅力的ですが、お金が返ってきても、失敗しては意味がありません。

一定期間内の「そばかす取り放題」も良さそうですが、短期間に頻回のレーザー照射ができない場合もあるので、具体的に何回くらい受けられるのか確認してからお得なのかどうか判断してください。

リスクやデメリットの説明をきちんとしてくれること

ダウンタイム、炎症後色素沈着、再発などそばかす治療にはいくつかのリスクやデメリットがあります。

そういったことを説明しない医師は論外ですが、不安を煽るだけの医師と信頼関係を築くのは難しいもの。

都合の悪い話もきちんと説明した上で、万が一の場合の病院側の対処法を示してくれる医師が理想です。

3.治療実績が豊富であること

信頼できる友人・知人からの紹介であれば別ですが、インターネットで病院を探すならやはり治療実績は参考になります。

医療行為にはリスクがつきものなので訴訟も悪評も0という病院は少ないでしょうが、実績数が多ければクチコミ数も多いので、全体像をつかみやすいのが特長です。

4.通いやすい場所にあること

自宅や職場からのアクセスが良いというのは、思っている以上に重要なことでもあります。

Qスイッチレーザーでも半年ほど、レーザーフェイシャルや光治療では定期的に長く通うことも考えられるので、立地も重視しましょう。

5.経営難の噂がないこと

治療中に通っている病院が破綻すると、最悪は返金もされないまま治療途中で放り出されることになります。

そばかすは皮膚疾患でないとはいえ、途中で治療をやめるのは肌にとってもハイリスクです。

自己防衛には限界がありますが、経営難の噂がなく、集団訴訟などを抱えていない病院を選びましょう。

オススメの美容クリニック

選び方はわかったけど、美容クリニックはたくさんありすぎてまずどこへ行けばいいのかわからない!

そんな方のために、全国展開している病院のなかから評判の良い病院をいくつかご紹介しておきます。

最終的には主治医との相性になりますが、参考にしてみてください。

なお、Qスイッチレーザーによる顔全体のそばかす治療の場合、総額で20万円前後になるのが相場です。

湘南美容外科

湘南美容外科

2016年9月現在、全国に51のクリニックを展開している大手で、テレビCMも流れているので知名度は高いですね。

これだけの実績数がありながら、インターネット上でも悪評はほとんど見かけません。

公式サイトのFAQには遺伝性のそばかす治療に対する質問もあり、「フォトRFアドバンス、スキンタイトニング、スペクトラ、Qスイッチルビーレーザー、トレチノインなどが候補に挙がると思います」という医師からの回答が掲載されています。

公式サイトでの料金表示は薬代やアフターケア代を含めた税込価格でわかりやすく、会員割引や学割、家族割のプランもあります。

公式サイト
【クリニックの紹介】
http://www.s-b-c-biyougeka.net/lp/pr03.html
【施術内容の紹介】
http://www.s-b-c.net/
そばかす治療費の一例(税込)
【Qスイッチレーザー】
2mm以下のシミ1ヶ所につき:2,430円
【レーザーフェイシャル】
1回:11,740円、5回:50,220円、10回:85,050円
【光治療(フォトRFアドバンズ)】
初回:2,000円、1回:15,390円、5回:52,650円

メディアージュクリニック

メディアージュクリニック

メディアージュクリニックは手術を希望しない患者をターゲットにしている美容クリニックで、青山・代官山・名古屋・福岡の4院があります。

代官山はニキビ治療専門なので、東京でそばかす治療をするなら青山へ。

「世界一多くのありがとう」をもらい「世界一多くのありがとう」を贈るグループに!という経営理念のもと、着実にファンを増やしている人気のクリニックです。

公式サイト
【青山】
http://www.mediage.co.jp/
【名古屋】
http://www.mediage-nagoya.jp/
【福岡】
http://www.mediage-fukuoka.jp/
そばかす治療費の一例(税別)
【Qスイッチレーザー】
2mm以下のシミ1ヶ所につき:2,000円
【光治療(フォトフェイシャル)】
初回:16,000円、1回:32,000円、5回:144,000円

フェミークリニック

フェミークリニック

フェミークリニックは、「女性を幸せにする医療を目指す」というコンセプトで東京に4院、大阪に2院を展開しています。

医療レーザー脱毛に定評がありますが、シミ治療のクチコミ評価も高いクリニックです。

「キャンペーン」や「期間限定」という広告効果の高い言葉をホームページ上では使わない方針のクリニックですが、料金のページではお得なプランも紹介されています。

公式サイト
http://www.femmy-c.com/
そばかす治療費の一例(税別)
【Qスイッチレーザー】
5mm以下のシミ1ヶ所につき:5,000円
【光治療(フォトRF SR)】
初回:9,800円、1回:35,000円、5回:150,000円

まとめ

レーザー治療でそばかすを消すことについて、安心感を持つことができましたでしょうか?

インターネットでしっかり情報収集をしたら、次は行動する段階ですね。

一歩踏み出したからと言って、引き返せないわけではありません。

むしろ、「いざとなったらきちんと断って引き返すのだ」という強い決意を持って、美容クリニックの門を叩いてくださいね。

あなたを長年悩まさせてきたそばかすから、今度こそ解放されますように!

【参考文献】
「イチからはじめる美容医療機器の理論と実践」(宮田成章/全日本病院出版会)
https://www.amazon.co.jp/dp/4881170716

【参考URL】

湘南美容外科:http://www.s-b-c.net/
メディアージュクリニック:
http://www.mediage.co.jp/
フェミークリニック:
http://www.femmy-c.com/

この記事が気に入ったら「イイね!」しよう!

美エージェントのお勧め記事をお届けします。

この記事のライター
美・エージェント 編集部

cover

美・エージェント編集部です。美容・恋愛などのお役立ち情報を厳選してお届けします。
明日もキレイになりませんか?

美・エージェントをフォローして
最新のキレイ情報をGETしよう!

  • いいね!してフォロー

  • 公式ツイッターをフォロー